231 国民年金の被保険者

231 国民年金の被保険者≪質問≫ 夫は(65歳)サラリーマンです。私は(57歳)専用主婦で被扶養配偶者です。夫は今年満65歳になります。 私の国民年金の扱いはどうなるのでしょうか具体的に教えて下さい ≪回答≫ 貴女の国民年金はサラリーマンである夫が満65歳になった時点で第3被保険者では無く、新たに第1号被保険者となります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

230 年金の給付の請求手続き

230 年金の給付の請求手続き ≪質問≫ 年金の給付を受ける為にはどんな手続きが必要か具体的に教えて下さい ≪回答≫ □  年金は、受給資格を満たし、年金開始年齢に達しても、自動的に支給されるわけではなく、受給権者が請求の手続きをしなければもらうことが出来ません。 また年金の種類によって手続き窓口が異なります。 □ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

229 年金の種類と給付

229 年金の種類と給付 ≪質問≫ 年金の種類と給付について具体的に教えて下さい ≪回答≫ □  年金には老齢年金、障害年金、遺族年金の3つがあります。国民年金から支給される年金は、原則、基礎年金と呼びます。 □  公的年金の概要 公的年金は、消費者物価指数の変動により年金額の貨幣価格が変わらないように、完全自動物価スラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

228 国民年金の被保険者の種類

228 国民年金の被保険者の種類 ≪質問≫ 国民年金の被保険者の種類について具体的に教えて下さい ≪回答≫ □  国民年金の被保険者には第1号・第2号・第3号と任意加入者があります。 ※第1号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者、農業従事者とその配偶者、学生 ※第2号被保険者 65歳未満の民間企業に勤める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

227 中高齢寡婦加算について

227 夫が亡くなった後の諸手続き:その10 ≪質問≫ 遺族年金と中高齢寡婦加算について具体的に教えて下さい ≪回答≫ ★中高齢寡婦加算 □  ⑪18歳未満の子いる妻は、国民年金から遺族基礎年金が支給されます。 しかし子のいない妻には遺族基礎年金は支給されません。 そこで、両者の均衡を保つため、中高齢の寡婦に重点的に給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

226 遺族年金の給付を受けるための要件

226 夫が亡くなった後の諸手続き:その9≪質問≫ 夫が会社員・公務員の場合の遺族年金の給付を受けるための要件について具体的に教えて下さい ≪回答≫ ★遺族年金の給付を受けるための要件 □  ⑩夫が会社員・公務員の場合の遺族年金の給付要件は? 会社員の夫が亡くなった場合、厚生年金から給付される遺族厚生年金と国民年金から給付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

225 遺族年金の給付手続き

225 遺族年金の給付手続き≪質問≫ 遺族年金の給付手続きについて具体的に教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後の手続き □  ⑨遺族年金の給付手続き 公的年金制度には、被保険者(夫)が死亡した場合、遺族の生活保護のための遺族給付(一時金)があります。公的年金制度でいう遺族とは、一般的にいわれている遺族とは異なり、遺族給付を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

224 火葬・埋葬許可書の提出はいついて

224 夫が亡くなった後の諸手続き:その7 ≪質問≫ 火葬・埋葬許可書の提出はいついて具体的に教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後の手続き □ ⑧火葬・埋葬許可証は・・・ 火葬や埋葬は、死亡後24時間以内にしてはならず、また市長の許可を得なければなりません。火葬の祭には、火葬許可証を提出して火葬にしてもらうと、火葬場の管理者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

223 死亡届の提出はいつ・どこへ

223 死亡届の提出はいつ・どこへ ≪質問≫ 死亡届の提出はいつ・どこへ具体的に教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後の手続き □ ⑦死亡届は・・・ 人が死亡したときは、家族・親戚などは死亡の事実を知ったときから7日以内に、「死亡届」を死亡地の市役所の担当部署へ提出しなければなりません。 死亡届には、「死亡診断書」または「死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

222 葬祭費の請求が必要と聞いたが具体的な方法は

222 夫が亡くなった後の諸手続き:その5 ≪質問≫ 葬祭費の請求が必要と聞いたが具体的な方法を教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後の手続き □ ⑥葬祭費の請求 国民健康保険に加入している場合: 葬祭費としての給付は、国民健康保険を運営している市役所に請求する必要があります。用紙は窓口で入手して下さい。 申請主義ですので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

221 夫が亡くなった後の諸手続き:その4

221 夫が亡くなった後の諸手続き:その4 ≪質問≫ 夫が亡くなった後の諸手続きの具体的な方法を教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後すぐに手続きするもの □ ①住民票の世帯主の変更 住所登録をしている役所の窓口へ行って、変更届を提出します。ただし、夫が世帯主でなかった場合は手続きの必要はありません。 □ ②電気・ガス・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

220夫が亡くなった後の諸手続き:その3

220夫が亡くなった後の諸手続き:その3≪質問≫ 夫が亡くなった後すぐに手続きしなければならないものを教えて下さい ≪回答≫ ★死亡後すぐに手続きするもの すぐにできる名義変更の手続きには □ ①住民票の世帯主の変更 □ ②電気・ガス・上下水道などの水道・光熱費及び電話 □ ③住居や駐車場などの賃貸借契約 □ ④夫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

219 夫が亡くなった後の諸手続き:その2

219 夫が亡くなった後の諸手続き:その2≪質問≫ 夫が亡くなった後の諸手続きは何時をどうすればよいのか教えて下さい ≪回答≫ ★名義変更・名義書き換え手続きはできることから着手する 夫の名義だったものは、妻を代表とする遺族の名義に変更あるいは書き換える必要があります。その手続きはすぐにできることと遺産相続確定後でないとでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

218 夫が亡くなった後の諸手続き

218 夫が亡くなった後の諸手続き ≪質問≫ 夫が亡くなった後の諸手続きは何時をどうすればよいのか教えて下さい ≪回答≫ ★手続きの進め方 夫の葬儀・告別式を滞りなくすませたら、そのあとに続く法要を進めながら、夫の身の回りの整理を中心とした事務手続きを行います。 その事務手続きは、 1 名義変更 2 名義書き換え …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

217 相続の手続は何時までにしなければならないか

217 相続の手続は何時までにしなければならないか ≪質問≫ 相続の手続は何時までにしなければならないかについて教えて下さい ≪回答≫ ★相続の手続の期限は決められていません。 何時までにしなければならないという決めはありません。極端なことをいいますと、5年後、10年後まで放っておいても別段違法ではありません。 こんな話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

216 相続の意味

216 相続の意味 ≪質問≫ 相続の意味について教えて下さい ≪回答≫ ★人の死亡によって遺産が引き継がれますこれが相続です。 相続は、人の死亡を原因として、亡くなった人権利義務をそのまま引き継ぐことです。亡くなった人を被相続人、引き継ぐ人を相続人と言います。 昭和22年までは施行されていた明治民法では、「家」の財産を戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

215 遺留分に気をつけよう

215 遺留分に気をつけよう ≪質問≫ 遺留分について教えて下さい ≪回答≫ ★遺留分に気をつけよう 例えば、相続財産が4000万円で相続人が妻と子ども2人の場合、法定相続分は妻二分の一(2000万円)、子どもは各四分の一(各1000万円)となります。 しかしよくある話として「愛人に全財産を遺贈する」とした遺言がされた場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

214 相続分

214 相続分 ≪質問≫ 相続分について教えて下さい ≪回答≫ ★遺産を引き継ぐ割合は法律」に決められています 同じ順位の相続人の相続分は均等です 相続人にどのような順位の人が相続するかによって相続分は変わってきます (1) 配偶者と第一順位の相続人であるときはそれぞれ二分の一ずつです (2) 配偶者と第二順位の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

213 法定相続人

213 法定相続人 ≪質問≫ 相続人になれる人は誰か教えて下さい ≪回答≫ ★人が死亡した場合に、誰が相続人になるかは法律で決められています(法定相続人)。 相続人は、死んだ人の連れ合い(正式に結婚している夫または妻)及び子・孫・ひ孫と両親及び祖父母のみです。 上記以外の者・叔父や叔母は相続人になれません。法定相続人がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

212 遺産分割はもめるものと覚悟しておこう

212 遺産分割はもめるものと覚悟しておこう ≪質問≫ 遺産分割について教えて下さい ≪回答≫ ★遺産分割をめぐる争いは増えている! 遺産分割による相談件数は近年増加しています。全国の家庭裁判所の相談室で、一年間に受ける相談の数が約6万件であり、以外に、正確な数はつかめませんが、年間100万人死亡するものとし、被相続人一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年元旦

平成29年元旦は富士山本宮浅間大社を参拝しました。 雲一つなく穏やかな晴天に恵まれ心も身体も晴れやかでした。 今年は酉年です。例年に増して幸運に向かって羽ばたく年にしたいと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

211 お墓の建て方

211 お墓の建て方 ≪質問≫ お墓の建て方について教えて下さい ≪回答≫ ★納骨をするにはお墓が必要ですが、お墓は墓地埋葬法によって、都道府県知事の許可を受けた区域外には建立することはできません。このため、お墓がない場合、あるいは新たに建てる場所は、最初に墓地を手に入れる必要があります。墓地には、寺院墓地、公営墓地、民営墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

210 喪中の年賀欠礼の挨拶状は11月中か12月上旬に発送する

210 喪中の年賀欠礼の挨拶状は11月中か12月上旬に発送する ≪質問≫ 喪中の挨拶状についての心得を教えて下さい ≪回答≫ ★夫を亡くした妻は、喪中ということで翌年の年賀は欠礼します。その旨を知らせる年賀欠礼の挨拶状は、その年の11月中か、遅くても12月上旬には発送します。これらは印刷業者にお願いするか、パソコンで手作りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

209 仏壇を購入したらすること

209 仏壇を購入したらすること ≪質問≫ 仏壇を購入したらすることについて教えて下さい ≪回答≫ ★仏壇を購入したら、ご本尊(ほんぞん)をお迎えする前に「入仏式(開眼法要・開眼供養ともいいます)」。仏壇開きの意味もありますので、必ず行なうようにしてください。法要と合わせて行なうときは、入仏式をしてから法要を行うこととなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

208 仏壇の安置する場所

208 仏壇の安置する場所≪質問≫ 仏壇の安置する場所について教えて下さい ≪回答≫ ★仏壇の安置する場所、仏壇の中に祀るご本尊や仏具は宗派によって異なりますので、菩提寺の僧侶に確認するとよいでしょう。もし、住宅事情で神棚と同じ部屋に安置せざるを得ない場合は、向かい合わせにならないよう安置します。また、上置きタイプの場合はあま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

207 仏壇の選び方について:その2

207 仏壇の選び方について:その2 ≪質問≫ 仏壇の選び方について教えて下さい ≪回答≫ ★仏壇には、仏間や床の間、畳の上に直接安置する台付きタイプと、タンスや棚などの上に安置する上置きタイプがあり、材質は紫檀や黒檀、桜、チークなどさまざまです。デザインも伝統的な装飾のものから家具調まで、サイズも大きいものから小さいものま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

206 仏壇の選び方について

206 仏壇の選び方について ≪質問≫ 仏壇の選び方について教えて下さい ≪回答≫ ★忌明けを迎えると、「入魂供養」をしてもらった位牌を仏壇に納め、これ以降は日々の供養を行います。日々の供養とは、仏壇を祀り、お供え物を供えてお線香や灯明をあげて読経することです。読経しないまでも、お供え物と線香・灯明あげはかかさないようにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

205 故人のお墓参りについて

205 故人のお墓参りについて ≪質問≫ 故人のお墓参りについて教えて下さい ≪回答≫ ★お彼岸は、春分の日と秋分の日を中日とし、前後3日間、合計1週間ずつの期間です。「暑さ寒さも彼岸まで」と昔からいわれているように、この時期は1年の中で最も過ごしやすい時期です。そんな時期の数日間は、御仏のおられる彼岸(極楽浄土のこと)を思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

204 供養のしかた

204 供養のしかた ≪質問≫ 供養のしかた詳しく教えて下さい ≪回答≫ ★仏教の祖先供養の大切な年中行事に、夏のお盆と春・秋の年2回の彼岸があります。お盆の日にちは地方によって異なり、都市部では7月13~16日、地方では8月13~16日としているようです。 お盆は年1回、祖先の霊が里帰りする時期で、その霊を迎えるために仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

203 納骨は何時行えばいい

203 納骨は何時行えばいい≪質問≫ 納骨は何時行えばいいいいのでしょうか教えて下さい ≪回答≫ ★納骨とは、文字どおり、故人の遺骨をお墓に納めることですが、その時期はとくに決まっているわけではありません。遺族の都合のいい日を選んで行なえばいいのですが、四十九、一周忌、三回忌の法要に合わせて行なうのが一般的です。 最近では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

202 永代供養

202 永代供養≪質問≫ 永代供養について漠然と知っていますが詳しく教えて下さい ≪回答≫ ★三十三回忌で年忌法要を終わらせたときや、故人・ご先祖供養を承継してくれる親族がいないなどの場合は、菩提寺などに永代供養をお願いする方法もあります。永代供養とは永久的な供養を親族に代わって菩提寺がおこなってくれることです。永代供養をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

201 年忌法要:その2

201 年忌法要:その2 ≪質問≫ 年忌法要のあらましを教えて下さい ≪回答≫ ★四十九日や一周忌などの法要で身内以外の人を招く場合、それぞれの日に行なうのが原則ですが、平日にあたって参列者の都合がつけにくいときは日にちを変更してもかまいません。ただし、忌日より後に行なってはいけないという決まりがありますので、忌日の直前の休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

200 年忌法要

200 年忌法要 ≪質問≫ 年忌法要のあらましを教えて下さい ≪回答≫ ★初七日から四十九日忌の次の法要は百か日忌で、これは、故人が仏となって初めての法要になります。そのあとは、故人の祥月命日(亡くなった日と同月同日のこと)に年忌法要を行います。年忌法要は一周忌、三回忌は比較的盛大に行いますが、七回忌以降は規模を縮小して身内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

199 法要

199 法要 ≪質問≫ 法要のあらましを教えて下さい ≪回答≫ 通夜、葬儀、告別式が終わったあとも、故人を供養するための法要儀式が続きます。仏式における法要は追善供養ともいいます。 ★初七日から四十九日忌 仏教では人間は死んでから次の生を受けるまで49日の期間があると言われています。この間に行う法要を中蔭(ちゅういん)供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

198 葬式費用はどう捻出すればいい?

198 葬式費用はどう捻出すればいい? ≪質問≫ いざ葬式となると費用をどう捻出すればいいか解らないので教えて下さい ≪回答≫ 前回葬式に用意する現金は150万円~200万円程度といいましたが、では、この現金はどこから捻出すればいいのでしょうか? 夫の葬儀のための費用ですから夫の預貯金口座から引き出すのが一般的です。ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

197 葬式費用はどう捻出するか

197 葬式費用はどう捻出するか≪質問≫ いざ葬式となると費用をどう捻出すればいいか解らないので教えて下さい ≪回答≫ 葬式はお金が出るばかりではありません。入ってくるお金もあります。その代表は香典と公的保険から給付される埋葬料・葬祭費用などです。つまり、葬式費用の全額を自己負担するわけではないということです。亡くなった夫が交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

196 形見分け

196 形見分け ≪質問≫ 形見分けについて解って要るつもりでいますが実はあまり解らないので教えて下さい ≪回答≫ 四十九日法要がすんだら、故人の遺品を整理して、形見分けするものと片付けるものに分けます。 形見分けは、故人が愛用していたものや大切にしていたものを、故人と親しい近親者や友人に贈って故人を偲んでもらうために行な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

195 香典返し

195 香典返し ≪質問≫ 香典返しについて教えて下さい ≪回答≫ 香典返しは、即日返し(その場返しともいう)といって、通夜や葬儀・告別式の当日に、式場の出口で手渡しするのが一般的です。この場合、香典の金額に関わらず同一の品物を手渡すことになり、高額の香典を包んでくれた人には不公平になります。このため、とくに高額だった人には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

194 無葬儀型

194 無葬儀型 ≪質問≫ 無葬儀型とはなに? ≪回答≫ 遺族または葬儀業者に火葬・埋葬をしてもらい、葬儀そのものを行わない形式です。 ただしこの場合でも、喪主または遺族から親類や友人・知人、仕事関係の人などに死亡通知を出します。あいさつ文に、無葬儀にした理由(故人の意思)、生前お世話になったことへの感謝、供物・香典の断わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

193 無宗教型の葬儀

193 無宗教型の葬儀 ≪質問≫ 無宗教型の葬儀について教えて下さい ≪回答≫ 宗教に則ったしきたりや決まりごと、葬式を一切無視して、完全に自由な形式で行う葬儀です。さまざまな宗教の人が集まる可能性のある社葬や団体葬で採り入れているケースが多いようです。故人と遺族の信仰する宗教が異なる場合に向いている形式といえそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

192 自然葬

192 自然葬 ≪質問≫ 自然葬について教えて下さい ≪回答≫ 自然葬とは、火葬後に遺骨を砕いて海や山などに散骨・散灰することで、自然回帰志向の高まりや墓地の確保が難しい状況になっているなど、近年、希望する人が多くなっている埋葬形式です。ただし、日本には埋葬に関する法律があり、勝手に遺体や遺骨を処分してはならないことになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

192 プラスα型による葬儀

192 プラスα型による葬儀 ≪質問≫ プラスα型による葬儀について教えて下さい ≪回答≫ 宗教・宗派に則った従来の葬儀の進行に関わりのないところに、故人の趣味や希望を反映させる形式。 たとえば、故人が歌の好きな人だったら最も好きだった曲を全員で合唱する、故人が趣味で作ったものを展示するなど、さまざまなバリエーションがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191 宗教にこだわらない形式で葬儀

191 宗教にこだわらない形式で葬儀 ≪質問≫ 宗教にこだわらない形式での葬儀とはどんな葬儀なのか教えて下さい ≪回答≫ 夫を葬るための葬儀の形式としては最も多いのが仏式、それ以外には神式、キリスト教式などがあります。 しかし、信仰や宗教とは無縁の日常生活を送っている人も多く、そんな人が葬儀だけ特定の宗教・宗派に則って営む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190 密葬

190 密葬 ≪質問≫ 密葬について教えて下さい ≪回答≫ 密葬とは、故人のごく身近な親族だけで遺体を荼毘に付して弔うことです。どの範囲までの友人に参列してもらうかは、故人の生前の希望や遺族の意思によります。年末年始や海外、国内の旅行先などの遠隔地、感染症などで亡くなり、すぐに火葬にしなかればならないなどに行います。祭壇は質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

189 キリスト教における葬儀

189 キリスト教における葬儀 ≪質問≫ キリスト教における葬儀について教えて下さい ≪回答≫ キリスト教では死は終わりではなく、神に召される記念すべきものと考えられています。 ですから葬儀・告別式は、神の御許しに受け入れてもらえるよう祈る儀式となります。出棺のときには神父・牧師によって出棺のお祈りがささげられ、聖書の朗読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

188 神式における葬儀

188 神式における葬儀 ≪質問≫ 神式における葬儀について教えて下さい ≪回答≫ 神式における葬儀.告別式は、葬場祭または神葬祭といい、死の汚れを清めて故人を家の守護神として祭る儀式です。柩が火葬場の墓地に向かうときは出棺際(発柩祭ともいいます)、火葬する際は火葬祭(炉前祭ともいいます)など、ほぼ仏式に準じた一連の儀式を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

187 精進落とし

187 精進落とし ≪質問≫ 精進落としについて具体的に教えて下さい ≪回答≫ 精進落としは、本来は四十九日の忌明け後に行なう最後の食事のことでした。しかし、最近では、一連の儀式でお世話になった人たちをねぎらう宴席としての意味合いが強まっていて、還骨勤行のあとに行います。精進落としを行なわない場合は、折り詰めや弁当を用意し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

186 遺骨迎え

186 遺骨迎え ≪質問≫ 遺骨迎えについて具体的に教えて下さい ≪回答≫ 火葬場から帰ってきたお骨は、還骨勤行(還骨回向ともいう)という儀式で供養を行ないます。この儀式を行うために式場に入るときは、葬儀社が入口の用意してくれている塩と水を用いて清めを行います。後飾りの祭壇(遺骨、位牌、遺影、仏具、花、供物などを置く。葬儀社…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

185 火葬と骨上げ

185 火葬と骨上げ≪質問≫ 火葬と骨上げについて具体的に教えて下さい ≪回答≫ 火葬場に到着すると、係員の手で柩がかまどの前に安置されます。小机の上に位牌と遺影、花を飾り、遺族たちで柩を執り囲んでお別れします。これを納めの式といいます。その後、骨上げまでの1時間ほどは控えで待機しますが、その間、喪主や遺族は参列者を酒や茶菓で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more